自分のためにきれいになる

主に美容備忘録

カラートリートメント使ってみました

アドミオカラーを二回(一回目は緑、二回目は青)入れたらいい具合の色味になったけれど、赤みがないだけに色の明度よりも明るく見えてしまって職場に不向きな髪色となってしまった。(茶髪は親しみが持てると好評な一方、お堅い会議には出づらい……)

次の色に悩んでいる内に根本が黒くなってきてしまったので、カラートリートメントにチャレンジしてみた。


f:id:cyclohexane31:20180809213448j:image

 

ネイチャー アンド コー ボタニカル カラートリートメント EARTH BLUE 03 150g

ネイチャー アンド コー ボタニカル カラートリートメント EARTH BLUE 03 150g

 

 

ネイチャー&コー

ボタニカルカラートリートメント 03

アースブルーということで、前回染めたのと同じ色味。

色の抜けている髪にはかなりしっかりブルーが入って、美容室で染めてきたような色の出方をする。今のところ、わたしの髪では、繰り返し使っていると赤みが出てきている。三週間ほど使っているが、嫌な赤みではないので、根本の黒がどうしようもなくなるまでは使用し続けようかなと思う。

色出しはこんな感じ。


f:id:cyclohexane31:20180809213916j:image

この長さで1ヶ月くらい持つかなという容量。

トリートメント効果もなかなかで、ヘアオイルを少しもみこめばパサつきは感じられない。

美容室に行く暇がなくても応急的になんとかすることができるので、おすすめです。

ベージュを追い求めて

急ぎで必要なコスメはないけれど、なにか気分を変えるためにコスメを買いたいときがある。プチプラのリップを買ったり、シングルカラーのアイシャドウを買ったりとあると思うが、いちばん手軽なのがプチプラのネイルを買うこと。

キャンメイクのネイルは400円くらいで感動するけれど、今回は衝動的にコンビニでこんなものを買ってしまった。


f:id:cyclohexane31:20180711223739j:image

パラドゥ お直しさんのネイルファンデーション ベージュオークル

 

爪先は、なにも塗っていないよりも、少しつやがあるほうが健康的に見える。


f:id:cyclohexane31:20180711223911j:image

これすごいのは、本当にすぐ乾くこと。朝の急いでいるときにも塗れるくらいの早さ。

 

いま、自分のなかではベージュがヒットしている。少し前はリップで、そのあとチーク、そしてその波がネイルにきた。ベージュの品のよさは、これまでは保守的な感じがして敬遠していたけれど、都会的でクールなベージュにはつい目がいってしまう。リップは青みの入ったベージュ、たとえばYSLのルージュヴォリュプテシャインの47ベージュブラウス、チークは赤みのあるベージュ、たとえばNARSのブラッシュ4033Sex Appeal、そしてネイル。

 

そういえば、これぞというベージュのアイシャドウは見つかっていない。ピンクベージュばかりではなく、黄みの強いベージュなんかを探してみるか。

夏場、崩れないお顔づくり

いよいよ夏本番となり、顔汗とメイクとの戦いが始まった。汗と皮脂でファンデーションがどろどろになり、夕方にもなれば顔はまだらになって目も当てられなくなる。

一日のうちクーラーのない部屋で数時間喋りっぱなしという仕事なので、いかに顔を整えておけるかは死活問題である。

 

ということで、わたしの崩れ知らずの鉄板下地がこちら。


f:id:cyclohexane31:20180710221606j:image

 

キス マットシフォンUVホワイトニングベースN01 ライト 37g

キス マットシフォンUVホワイトニングベースN01 ライト 37g

 

 マットベースということもあり、本当に崩れずの陶器肌を維持できる。その分乾燥と肌への負担を感じることもあり、絶対化粧崩れを防ぎたいというとき以外にはおすすめできない。

ホワイトニングベースということで美白成分も含まれているそうだが、わたしは日常的に使っているわけではないので、効果はなんとも言えない。

夏場、必ず顔汗をかくだろうという日だけ使っているわけだが、これがあれば夏場の野球応援も余裕…!という安心がある。

 

写真に一緒に写っているのは、ゲランのランジュリードポーのサンプル。00ポーセリンをもらって使っているところである(一袋で一週間持つ。サンプルの中身がいっぱいで嬉しい)。このファンデーション、ほどよい赤みであどけない少女のような肌色を作ってくれる。すごい。もう少しわたしがブルベならドンピシャなのになーと思いつつ、あと二袋あるサンプルを大切に使っている。

フィーノ、大変よいです

 

フィーノ プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスク230g

フィーノ プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスク230g

 

 こんなにシンプルな紹介なのに、こんなにいいトリートメントはあるでしょうか。

たまたま今使っているシャンコンとの相性が悪いだけかもしれないけれど、カラーといってもアドミオカラー二回目のわたしのぱっさぱさの髪の毛をよみがえらせたのがこのトリートメント。

カラーとパーマで髪が傷んでいる実感のある人には心からおすすめします。千円でこのうるおいは、もう他のトリートメントが目に入らないくらい。

 

こんなにべた褒めするのもどうかと思うけれど、本当に髪が一本一本潤って、さらさらになる。

カラーやらパーマやらしていない人にはべたつくくらいの使用感だと思うけれど、わたしの細くて弱い髪と乾燥頭皮にはあうみたいで、週三で使用している。

ロレッタのうるうるしたい日のトリートメントと同じく、潤すシリコンはジメチコン。わたしの髪には合うみたい。

ショートから伸びてきてボブになりつつあるので、あんまり高浸透のトリートメントはそろそろべたつくかもしれないけれど、髪質改善を目指して使用していこうと思う。

 

ちなみに今はボブにブロックを入れて、かきあげ前髪で過ごしている。かわいさよりも、しゃれ感を目指して。

目標は毛先の揃ったワンレンボブだけど、ブロックの中身を伸ばさないと無理かなあ…

ブロック、涼しくて扱いやすくて快適なんだけどなあ…

ニュアンスカラーのアイライナーたち

朝も忙しいし、ここ二年くらいのアイメイクは基本的にアイシャドウのみで過ごしてきた。アイライナーは締め色のアイシャドウで十分でしょうと。

しかしふと、夏場にブラウンシャドウを重ねるのはずいぶん重いなと思い直し、軽めの色をアイホールにぼかして、ニュアンスカラーのアイライナーを加えるメイクをしたくなった。

そうはいっても、わたしのために目元にブラックアイライナーは浮いてしまう。全体的に顔が薄めで、色味も薄めで黄みを感じるからだ。ニュアンスカラーのアイライナーをいくつかまとめてみよう。


f:id:cyclohexane31:20180707190351j:image

 


f:id:cyclohexane31:20180707190358j:image

上から

ラブ・ライナーリキッド グレージュブラウン

フローフシ モテライナー ネイビーブラック

ラブ・ライナーリキッド  カーキブラック

フローフシ モテライナー ブラウン

 

普通にブラウンシャドウに合わせた感じは以下の通り
f:id:cyclohexane31:20180707190935j:image

これはカーキブラック


f:id:cyclohexane31:20180707190944j:image

これはブラウン

自然光のもとじゃないとわからないですね…

カーキは大人っぽく仕上がってかっこいい。

ブラウンは薄めにつくので、ナチュラルに盛るというのにもってこい。

グレージュがほしかったのは、ブラックほど強くないけれど、しっかり目元の強さが欲しいとき用に。

ネイビーは寒色のアイシャドウに合わせるためのアイライナーが欲しいのと、白目をきれいに見せるというのに引かれて。夕方になるとファンデーションがくすんでしまうので、色物の効果で肌色をきれいに保つのは重要である(リップも肌色をきれいにみせるのに重要)。


f:id:cyclohexane31:20180707192630j:image

ちなみに、四月から毎日使用しているアイシャドウは、リンメルのショコラスウィートアイズソフトマット002

やわらかいオレンジで今年っぽい。ベースカラーをきちんと塗らないと発色しないので、早々にベースだけなくなってしまったから、マジョリカマジョルカのシャドーカスタマイズBE121白い樹液をベースにしている。

ショコラスウィートアイズソフトマットは本当にマットなんだけど、右下のグリッターカラーのラメが本当にきれいで、目の下やまぶたの真ん中に乗せると瞳がとてもきれいに見える。おすすめ。

肌も筋肉もたんぱく質だから

美容のためにはたんぱく質が欠かせない。

肌も筋肉もたんぱく質でできているから。

 

といってプロテイン飲んで運動するわけでもなく、サラダチキンレシピを開発するわけでもなく、「動物性たんぱく質も必要でしょ!」と言ってセブンの揚げ鶏を食べている日常である。

せめて晩酌のつまみくらいはということで豆腐は工夫しながら食べているものの、もっと気軽にたんぱく質を取るならこれ。


f:id:cyclohexane31:20180627231621j:image

キッコーマン 調整豆乳 アーモンド チョコミント

SOYJOY Crispy ピーチ ホワイトマカダミア

 

甘いものが欲しいときに罪悪感なく飲めるのがキッコーマンの調整豆乳。がっつり豆乳というよりミルキーなジュースではあるが、適度なイソフラボンも取れてよい。

 

SOYJOYはぎっしりした噛みごたえがよいのだが、Crispyは軽さがあってまた違ったよさがある。午前中の業務が軽いときは、朝ごはんにうってつけ。

 

若さだけではどうにもならなくなるということを肝に命じて、ぼちぼち体自体から整えていかねば。

普段使いの品々

気合いを入れたものばかり記録していたけれど、普段使いのものこそ記録が役に立つもの。

f:id:cyclohexane31:20180615232938j:image

エリクシールルフレ バランシングおしろいミルク

ナチュリエ スキンコンディショナー

 フィーノ プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスク

 

おしろいミルクは二本目。良さは二点あって、まず日焼け止めとして優秀。SPF50+なのでとても安心。二点目は、なじみがよくて朝の忙しい時間を節約できること。朝の忙しいときに乳液がなじまなくていらいらするストレスから解放してくれたのがこの乳液で、すぐ肌になじむのに乾燥する感じはない。1800円くらいで二ヶ月以上持つので、コスパも悪くないなあという印象がある。ただ、わたしには下地として使うには不十分かなあ。乳液の次に保湿の層を作ってからファンデーションをつけないと、どうしても乾燥性の崩れにつながる。

 

真ん中はおなじみ、ハトムギ化粧水。朝用の化粧水である。わたしは、朝洗顔しないでさっぱり系の化粧水で汚れを拭き取っている。朝洗顔をすると、皮脂をとりすぎてしまう感じがして。さっぱり系の化粧水で拭き取ったあと、百円玉くらいの量を肌に馴染ませておしろいミルクを塗ってメイク前のスキンケア。にきびがあったり肌が荒れ気味のときは、拭き取ったあとはルルルンで水分を与えている。

 

右は初めて使う資生堂のトリートメント。1000円くらいなのにすごいことになるという噂を聞き、カラーでダメージを受けてぱさぱさの髪を生き返らせたいと思って購入。今シャンコンはアミノメイソンを使っているのだけど、コンディショナーの減りが早いので、週二でフィーノを投下して調整をかけたいと思う。フィーノの使用感はまたまとめたいと思います。

服もコスメも自分のために買うんだけど

先日の東京遠征で、友人に選んでもらったお洋服たち


f:id:cyclohexane31:20180614234939j:image

Bon mercerie de anatelier

 

左のスカートはオフィスルックに。

上品なリボンとミントグリーンが美しいタイトスカート。タイトはあまり持っていないけれど、自分の中でひそかに盛り上がっている。体型的にタイトスカートはあまり似合わないのだけれど、トップスを選べば上品に仕上がるので心引かれる。わたしの体型だと上下ともにタイトで揃えるのが良いみたい。

ちなみに夏のタイトスカートは、ユニクロのレーススカートも投下している。カラーはネイビー。ドレスに着れるのでかなり重宝する。

 

右はシャツワンピ。自分ではそうは思わないけれど、黙っていれば清楚なお嬢様に見えるらしいので、夏のデートの機会が訪れることを祈って購入。白ブラウスの良さという話を耳にしたので、ここで早速チャレンジ。

 

服もコスメも自分のために買うけれど、社会に見せる自分づくりとしても、特定の誰かを念頭に置くとしても、結構やりがいがあるなあと最近実感している。ワンピース、早く着たいな。

スキンケア、欲しいものを羅列

Twitterには長いけれどまとめておきたいスキンケアの願望について。どれも値が張るからしばらくは手に入れられないなあ…

 

化粧水

 

 

 

 化粧水と言えば「水」にこだわった品に興味が引かれる。どちらもサンプルを使って惚れてしまった品々。手元に貼る化粧水がたくさんあり、ストックが消費できないために手は出せていない。あと、無印の化粧水が有用だったりするのもあって、これらには手を出していない。

 

 

ブースター

 

 

 

 

 

 

 

【お試しサイズ】ソフィーナiP 美活パワームース 55g

【お試しサイズ】ソフィーナiP 美活パワームース 55g

 

 ブースターはあまり使ったことがなく、手に取りやすい美活ムースからスタート。肌がぷるぷるになるにはなるけれど、リピートするほどの良さは感じず。上三つはどれも使用したことがないので、冬のボーナスでチャレンジかなあ~

 

クリーム

 

 

油分はニベアが完璧だから、 「水」にこだわったクリームがほしい。できれば夏から使用して、うるうるでぱんぱんな肌にしておきたい…!

 

この夏はコスメに散財したので、スキンケアは手持ちでなんとかします。

チークとマナーと色気と

メイクの中でもチークに凝りだすと我ながら通を自覚するものだが、チークの効用の奥深さを感じたので記録。

 

オフィスメイクにおいて「チークはマナー」らしい。ついているかいないかわからない程度が健康的な血色感を演出して、対人関係のベースになる、他者の人間味への信頼感を醸成することがチークの目的なのか。

ということで、最近は白み・黄みピンクで肌に馴染むキャンメイクのクリームチーク13を使用している。

 

そうはいっても、手元にはつい購入してしまった赤チーク・青みピンクチークも多数あるため、それを職場でも使えるように調整できるチークカラーを投入した。


f:id:cyclohexane31:20180610003121j:image

レ・メルヴェイユーズラデュレ プレストチークカラーN15 11

イエローはなんでも肌馴染みよくしてくれる万能選手。

白みベージュはそれだけをつけても上品に仕上がるカラー。

 

さて、東京遠征の戦果として獲得してきたチークはこれなんだけれども、東京から帰ってきてどうしても忘れられないチークが出てきてしまった。

 

ナーズ(NARS) ブラッシュ #4033 SEX APPEAL[並行輸入品]

ナーズ(NARS) ブラッシュ #4033 SEX APPEAL[並行輸入品]

 

 NARSのカウンターでファンデーションの色を選んでもらったとき、タッチアップでつけてもらったのがこのカラー。

名前がSex Appealとなかなか攻めているが、色は薄いベージュ。タッチアップのときも、ついているのかいないのかわからなかった。

 

けれど、そのあと街をうろうろして友人と買い物しながら、ふと鏡にうつった自分の顔に驚いた。鼻の横あたりに丸くついたSex Appealの、なんとも物欲しげな血色感。決して赤みは強くないのに、不思議と内からわいてくるような頬の色。名前の理由がわかった。

 

それからわたしの頭からはSex Appealが離れず、あんなに化粧品を買ったあとなのに、手元にやたらチークがあるのに、欲しくて欲しくてたまらない。手元でなんとかしようとして、レブロンのマットパウダーブラッシュ108を、NARSのカウンターでつけてもらったようにつけてみている。


f:id:cyclohexane31:20180610004159j:image

ちなみに左はなくなりかけているキャンメイクのクリームチーク。

レブロンのこの色もとてもよいのだけれど、可愛らしくなりすぎてしまって、あの官能的な赤みとは少し違う。

 

NARSのチークといえばOrgasmだけど、わたしの肌には多分、あんなにきらきらしている色は過剰になる。Sex Appealくらいのほどよさが欲しい。

 

チークは、肌の広範囲につける色物だからこそ、人それぞれに転びやすいんだと思う。だから、これというひとつを見つけたら、運命の人を追いかけるみたいに、四六時中頭から離れないんだと思う。